JR西日本は、サイコロで旅の行き先を決める「サイコロきっぷ」を発売します。

1回5000円(往復料金)。運がよければ、「博多」が当たるかも?

北陸から九州まで全7駅

1回5000円(往復料金)で、サイコロが出た目(旅先)までの新幹線または特急列車の普通車指定席が利用できるきっぷです。

なお、大阪市内発着のみ。変更制限あり、払い戻し不可。6名まで購入できます。

気になる行先は、以下の7駅です

・東舞鶴(割引率45.5%)

・白浜(割引率56.1%)

・餘部(割引率58.5%)

・芦原温泉(割引率62.6%)

・倉敷(割引率62.6%)

・尾道(割引率71.1%)

・博多(割引率82.9%)

なお、東舞鶴は「西舞鶴」、餘部は「城崎温泉」、芦原温泉は「福井」、倉敷は「岡山」で途中下車することもできます。

どれが出てもお得ですが、割引率82.9%の博多が出たら超ラッキーですよね。

博多が出る確率は1/36、尾道が出る確率は5/36、そのほかの行き先はそれぞれ1/6です。

サイコロきっぷは、JR西日本ネット予約「e5489」で購入できます。

利用条件ですが、7月19日から9月30日までに、エントリーする必要があります。

エントリーには1人あたり1回4500円が必要で、エントリー完了後に購入できる「サイコロきっぷ」(500円)とあわせて5000円となります。支払いはクレジットカードのみです。

発売期間は7月29日から10月29日まで。利用開始日の1か月前から当日までの発売です。

利用期間は7月29日から10月31日までの連続する3日間です(※10月29日利用開始分まで)。

なお、エントリー完了後、「サイコロきっぷ」が購入可能になるまで最大10日間かかるため、早めにエントリーを済ませておくのがおすすめです。

エントリー1回につき1〜6名まで旅行できます。料金は人数分必要です。

1人最大2回までエントリーすることができ、もし1回目と2回目が同じ行き先だった場合、「博多」を選ぶことができます。確率はかなり低いですが、2回とも「博多」が出た場合は、博多しか選べません。

大阪周辺に住む人ならお得感満載の「サイコロきっぷ」。今のうちに、旅行の計画を立ててはいかが?

そのほか詳細は公式サイトで確認を。