幅広い世代に愛される大人気アニメシリーズ「プリキュア」。

生誕20周年!を記念したポップアップストア「precure genic room」が、3月1日から6日までの期間限定で下北沢にADRIFTにオープンしています。

このポップアップストアでは、ファッションやアートにフォーカスをあてて「プリキュア」を自由に表現したアイテムや、作品のアイコンがギュッと詰まった空間を楽しむことができます。

オープンに先駆けて行われた内覧会に、記者が参加。

今回は、「ふたりはプリキュア」(2004年)から「Yes!プリキュア5 Go Go!」(2008年)までプロデューサーを務めた「プリキュア」シリーズの生みの親、東映アニメーションのエグゼクティブプロデューサー 鷲尾天さんのインタビューをお届け。

ポップアップストアオープンを迎えた今の思いなど、詳しくお話を聞きました。

あの時の夢物語が実現へ...

長い歴史のある「プリキュア」と、ファッションやアートといったカルチャーの融合は、意外性を感じたファンも多いはず。このコラボについて、鷲尾さんは今どのような思いを抱いているのでしょうか。

「感慨深いですよね。20年前には想像もつかない話だったので。当時、本当に子供向けの番組として立ち上げたときに、子供以外がターゲットになるって全く想像もしてなかったんですよ。だから、子供がいかに楽しんでくれるかとか喜んでくれるかみたいなことだけ、監督やスタッフと一緒に考えて作って......」

放送当初には想像もしていない規模のプロジェクトに、感無量な気持ちを抱いていた鷲尾さん。プロジェクト始動のきっかけとなったのは、ファンの視点に立ったときに気づいたある考えだったそうです。

「15周年くらいのときから、『もしかしたら、当時観てくれていたお子さんだった方たちが、ぼちぼち大人になってくるかもしれない。自分の裁量でお金を使って、自分の好みの物を買えるようになるかもしれない。その時に選択肢の一つとしてプリキュアがあったらいいよね』って話をし始めてはいたんです。ただその方たちが何に興味があって何を手に取ってくれるのかよく分からなかったんです。だから、そういう人たちが普段手に持っててもいいようなもの、手に取って可愛いと思ってくれるものがもしラインナップにあったらいいよね、なんて話を若干夢物語で話していました。そして去年20周年を迎えた際に、社内と関係各社の皆さんと一緒にいろいろな施策をやったときにこの話も具体的になり......」

プロジェクトが動き出したときに鷲尾さんが周りに話していたという1つの"夢"。それが今回のポップアップストアの大きな鍵となっていました。

「私の方からみんなに言ってたのは、『当時観てくれていたお子様だった人たちが今大人になって集まれる場所をつくろうよ』って話をしたんです。なので、全プリキュア展や横浜アリーナで全プリキュアライブやらせていただいたり、そういうことをやっていく中で、実際にお店をつくってそこに来てもらえるという、こんなにきちんとした形でやれるなんて思っていなくて。本当に現場のみんなが頑張ってくれて。そこまでやってもらえるっていうのが本当に嬉しくて。集まれる場所として、しかもファッションに興味を持って見ている人たちが、選択肢の一つとしてプリキュアを手に取ってもらえる場所になるといいなぁ、というのが今回のこのポップアップストアです」

大人になったファンに伝えたい、強い思い

放送初期のプリキュアに憧れを抱いた視聴者が、大人に成長した今。ときめきが詰まった作品に、思いを馳せる人が多くいるはずです。鷲尾さんは、このポップアップストアを通して彼女、彼らにどのようなメッセージを届けたいでしょうか。

大人になっても好きでいていいんだよ、っていうことがメッセージとして一番強いところです。我々はそれだけの心血を注いで作ってきましたし、作品に込められているメッセージは、決して子供のためだけのものではなく、大人になってもう一回その意味を嚙み締めてもらってもいい。そういう意味では、大人が再び鑑賞してもいいもの、もしくは手元に置いてもいいもの、っていうのがこの作品の意味であるし、(『大人になっても好きでいていいんだよ』というメッセージを)このショップからも発信できるかなと思います。(ストア内で)随所にそういうのを置いてありますから。商品からも感じ取ってもらえるといいかなと思います」

ポップアップストアでは、作品と様々なカルチャーと融合した個性豊かなアイテムを展開しています。数ある中で鷲尾さんが特に印象に残るアイテムは何かを尋ねたところ、こんな答えが返ってきました。

「どの商品も『あ、こだわって作っていただいているなぁ』と強く感じます。それはデザイナーの方のこだわりでもあり、こういうものを作ってほしいという当社の担当者のこだわりでもあると思うんですけれども。注がれている気持ちが、20年前に自分たちが映像作りでやってきたことと非常に近いものを感じるんです。一生懸命届けようとする意思が、どのアイテムからも感じられる。私たちがかつてどんな気持ちで作っていたかを今の皆さんが受けとめてくださって、それをアイテムに込めて表現していただいている...。これは本当にどのアイテムからも感じられました」

「大人になって集まれる場所をつくろう」「大人になっても好きでいていいんだよ」
ポップアップストア開催の実現は、鷲尾さんが作品やファンに対する熱い思いが生んだもの。

そして、スタッフ、デザイナー、全ての人が注いできた熱量をしっかりと感じ取る姿に、「プリキュア」シリーズが多くの人から愛される理由が分かった気がしました。

次回の後編では、ポップアップストアで展開するアイテムの紹介や、デザイナーの方のインタビューをお届けします。

※「precure genic room」は事前抽選予約のチケットを持っている人のみ入場可能。当日券の配布はありません。

(C)東映アニメーション

(東京バーゲンマニア編集部)