いま、「優しい甘さとほろ苦さを感じられる」とSNSで話題の抹茶スイーツを知っていますか?

それが、無印良品から新登場した「宇治抹茶大福」です。

商品名からもなんだか期待できそう......!記者がさっそく食べてみました。

抹茶の優しい甘さと苦み

「宇治抹茶大福」は、1個190円とお手頃価格です。

薄い緑色のお餅が春らしさを感じます。

存在感がありつつ口当たりの良いお餅の中には、抹茶あん石臼挽きの抹茶を使用したホイップがギッシリと詰まっています。

食べてすぐは抹茶の風味が思ったより控えめかな?と感じたのですが、徐々に抹茶の味わいが豊かになっていきました。

その理由は、餅、あん、クリーム、3つの異なる抹茶の形が1つになっていること。少しずつ異なる甘みと舌触りを持った素材たちが見事に一体化していて、味に奥行きが生まれています。

この3つを同時に味わうと濃厚な口当たりと食感を楽しめて、食べ終わるときには幸せな気持ちで満たされます。

甘さと苦みの加減が程よく、味にクセがないので、子供から大人まで楽しめる優しい味わいです。

公式オンラインストアでの販売はなく、無印良品の店舗のみの販売です。

ほっと一息つきたい時や、春のおでかけのお供にぴったりです。

(東京バーゲンマニア編集部 梅谷りな)