街中で見かける機会が日に日に増えるナンバー付きの電動キックボードと電動自転車。道路交通法上の扱いには、どのような違いがあるのでしょうか。

電動自転車とナンバー付きの電動キックボードの違いとは

 電動自転車とナンバー付きの電動キックボードは現行法上、前者が「駆動補助機付自転車」後者が「原動機付自転車」に分類されます。つまり、自転車と原付に該当することになります。

 このふたつが別の乗り物として分けられているポイントとして、人間がペダルなどの人力を使わずに自走できるかどうかという点が挙げられ、人が乗っているだけで自走できれば原動機付自転車、人力を使い、ペダルなどを回さなければ走行不可であれば原動機が付いていても、駆動補助機付自転車という扱いになります。というように、乗り物としての分類が違うため、運転する際に守るべき交通ルールも異なります。

 電動自転車(電動アシスト自転車)は、あくまで自転車に人の力を補助するために原動機が付いた乗り物です。

 そして、道路交通法施行規則の第1条の3に規定されている内容では、人の力を補うために用いる原動機は電動であることを明記。それ以外にも、時速24㎞以上で走行する際は人の力を補う働きをしないことや、時速10㎞までは人のペダルをこぐ力に対し最大2倍の力で補助することなどが規定されています。なお、自転車であるため、ヘルメットの着用は任意、運転する際に免許も必要ありません。

ナンバー付きの電動キックボードは、現行法で「原付一種」に分類されます

 その一方で、ナンバー付きの電動キックボードは、現行法で「原付一種」に分類され、排気量50㏄以下のバイクと同じ扱いとなります。そのため、運転には原付免許もしくは普通免許が必要で、ヘルメットの着用も必須です。さらに、歩道は走行不可であり、車道を走行する際の法定速度は、30㎞/hまでに制限されることになります。

 以上のように、法律的にはまったく違う乗り物であるため、運転する人も、キチンと別の乗り物であるという認識を持っていなければ、交通違反による取り締まりの対象となってしまいます。

 キックボードにモーターを取り付けただけで「原付」扱いとなるのは、運転する人にとっては納得がいかない事実かもしれません。そのため、いずれは法律が改正され、新しい交通ルールが適用されるようになることも予想できますが、まずは現状のルールをきちんと把握しておきましょう。

まだまだある? 電動キックボード独自の法律

 原付バイクと比べ、ナンバー付きの電動キックボードは手軽に乗れて、取り扱いはとても簡単ですが、歩道の走行は禁止です。たとえ、「自転車および歩行者専用」の道路標識がある場所でも、歩道は走行できないので注意してください。

「電動キックボード」

 とはいえ、まだ広く認知されていない、ナンバー付きの電動キックボードが歩道を走っていても、違和感を覚えないかもしれません。しかし、れっきとした「通行区分違反」に該当するため、取り締まりの対象です。なお、通行区分違反の罰則は、3か月以下の懲役、もしくは5万円以下の罰金が科せられます。歩道を通行することが許されるのは、他のバイクと同様に運転者が降りて、手で押して進む時のみです。

 一方で、電動自転車の乗り方は自転車と同様。軽車両であるため、原則は車道の左端をクルマと同じ進行方向で走行。交差点では二段階右折をおこなう必要があるほか、青色の矢羽マーク「自転車ナビライン」が交差点内に設置されていれば、マークに従って交差点を渡れば交通ルールを守ることができます。

 また、道路標識の「自転車および歩行者専用」がある場所では、歩道も通行可能。しかし、歩道は歩行者が優先のため、通行の際は車道に近い部分を徐行しながら走行するのが交通ルールです。

 最近では自転車と歩行者の接触事故が問題になっているため、万が一の事故に備えて自転車用の任意保険への加入もしておいた方が良いでしょう。

 電動自転車とナンバー付きの電動キックボードは、どちらも気軽に乗れてしまう乗り物ですが、飲酒運転は絶対にしてはいけません。自転車であっても、軽車両として取り締まりの対象となります。もし飲酒運転に該当した場合、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金、そして違反点数が35点科せられるだけでなく、免許が取り消されてしまいます。

 また、「酒気帯び運転」であっても、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、違反点数25点、もしくは13点が科せられるため注意しましょう。

 ここまで、現在の法律をご紹介しましたが、ナンバー付き電動キックボードについての法改正の動きはすでに始まっています。一部の事業者では、経済産業省による「特例措置」の認定がおこなわれているのです。

一部の事業者は、経済産業省による「特例措置」の認定がおこなわれています

 この認定を受けた事業者は道路交通法施行規則の特例扱いとなり、ナンバー付きの電動キックボードを「小型特殊自動車」扱いにすることができるため、ヘルメットの着用が義務から任意に変わります。しかしヘルメットは、頭部保護の観点からも着用を推奨します。

 さらに、走行する道は自転車と同様の扱いとなります。原則として車道の左端を走り、自転車専用通行帯も走行できますが、時速15km以上の速度を出して走行してはいけないなど、独自のルールを設定する特例が適用されており、実証実験がおこなわれています。

 しかし、この特例はあくまで「認定された事業者」のみ。一般の人が電動キックボードを運転する際は原付バイクと同様に、ヘルメットの着用や運転免許の携帯、自賠責保険の加入が必須です。また、任意保険の加入も、しておいたほうが良いでしょう。

 ※総務省の「道路交通法施行規則」の特例では、「自転車道を通行できるようにすること(実施区域内に計3か所:港区2、品川区1か所)」と明記されています。