2022年5月2日、奈良県内を走る国道168号線の工事中のトンネル内でバイクが転倒、ライダーが死亡しました。地上まで垂れ下がっていた照明用の電気ケーブルと死亡事故との因果関係について、奈良県道路保全課は「捜査中である」ことを理由に説明を拒んでいます。

事故現場、点検なしで通行可?

 国道168号線、奈良県十津川村川津の「助人トンネル」(すけっとトンネル)で2022年5月2日に発生したバイク転倒死亡事故。目撃者から救急への第一報は「トンネル内にケーブルが垂れ下がっていた模様。バイクが接触して転倒した。男性ライダー1人の意識がない」というものでした。

ねこライダーさんがYoutubeに公表した、事故後2日経った「助人トンネル」の様子。2日後のトンネルは片側通行になっていた。トンネル内は暗い
ねこライダーさんがYoutubeに公表した、事故後2日経った「助人トンネル」の様子。2日後のトンネルは片側通行になっていた。トンネル内は暗い

 助人トンネルは全長555メートル、道幅は5.5メートルの片側1車線。昨年12月から今年11月の予定で補修工事が行なわれ、「ケーブルは黒色で、発見できないほど暗い」(警察関係者)状況でした。

 奈良県警と五條署によると当時、トンネル内には3台のバイクが走っていました。この事故で1台目の普通自動二輪を運転していた53歳男性が死亡、3台目の大型自動二輪を運転していた31歳会社員が頸部打撲の軽傷でした。

 明暗を分けたのは走行ラインでした。車線左寄りを走っていた1台目と3台目が事故に、中央線寄りに走っていた2台目は無事でした。3台は偶然同じルートを選び、先頭車両がソロツーリングでした。

 垂れ下がっていたケーブルが事故を誘発したのか、事故が原因でケーブルが垂れ下がったのか。ケーブルと事故との因果関係は奈良県警が調査中ですが、直後に通行した目撃者は、取材にこう話しました。

「トンネル内の電線が上から垂れ落ちているので、反対車線を走って下さい、と言われその通りに走っていたら、本当に電線が上から垂れ下がっていて、その近くにはバイクとバイクの運転手の方が1人、うつ伏せ状態で地面に横たわっていました。全く動く様子もなく、もしかしたらバイクを走らせてる時に、あの電線に当たって感電してしまったのかと思いました」

ねこライダーさんがYoutubeに公表した、事故後2日経った「助人トンネル」の様子。高所作業を行なっている様子がわかる(※奈良県は点検についてノーコメント)
ねこライダーさんがYoutubeに公表した、事故後2日経った「助人トンネル」の様子。高所作業を行なっている様子がわかる(※奈良県は点検についてノーコメント)

 一方、国道168号線を管理する奈良県道路保全課は、事故5日目の取材ではこう回答していました。

「通常、壁に固定したケーブルが外れることはない。施工状況については捜査中なので答えられない」(5月6日)

 施行に対する自信があったからでしょうか。

 事故の影響で助人トンネルは一時、全面通行止めになりましたが、規制はほどなく解除。そこで通行に関して施設の点検を行なったかを質しました。

「事故原因は捜査中なので、明らかになり、対応が必要であれば実施する。設備の点検は行なっていない」(5月6日)

 一方、助人トンネル補修工事の施工担当者は「点検は行なった」と携帯電話で話し、奈良県と食い違いを見せています。

県内のトンネル工事点検も、なし?

 ケーブル垂れ下がりのような道路施設の異常が事故現場にあった場合、道路管理者は類似の施工について点検するのが通常の手続きです。しかし、奈良県は日が経つにつれて、態度が硬化しています。

ねこライダーさんがYoutubeに公表した、事故後2日経った「助人トンネル」の様子。トンネル内の照明が天井から側壁へと仮設されている。電源は天井から側壁に取り回したケーブルから供給されている
ねこライダーさんがYoutubeに公表した、事故後2日経った「助人トンネル」の様子。トンネル内の照明が天井から側壁へと仮設されている。電源は天井から側壁に取り回したケーブルから供給されている

 5月6日の段階では道路保全課は「現在は県内で類似のトンネル補修工事が何件行なわれているかを調査中。施設の点検をどうするかまでは至っていない」と話していましたが、13日には、道路管理全般の説明を拒みました。

「確かにトンネル補修工事数などの調査を実施中で、それについてお答えすると以前は申し上げたが、そういうところも含めてお答えできない。今は何も答えられない」

 助人トンネル内は通常の状態ではアーチトンネルの最高部の配線に沿って、真上から照明が取り付けられていました。補修工事では天井の配線を垂直に下へおろし、6本のケーブルを結束バンドで束ねて側壁伝いにとりまわして壁面正面に電源を供給していました。大型連休中は工事は休みで、車両を通行させていました。施工状況については、捜査中を理由にまったく説明されていません。

ねこライダーさんがYoutubeに公表した、事故後2日経った「助人トンネル」の様子
ねこライダーさんがYoutubeに公表した、事故後2日経った「助人トンネル」の様子

 奈良県内のトンネルは安全なのでしょうか。2週間以上経過しても管理するトンネルの安全について何らのコメントも出ていません。さらに道路管理全般についても口を閉ざしています。

 ライダーの事故が軽視されています。道路利用者に対する安全意識と説明責任が問われます。