排気量50cc以下の原付とは異なり、原付二種には二段階右折の義務はありません。うっかり原付二種で二段階右折をしてしまった場合、罰則は課されるのでしょうか。

覚えておきたい二段階右折のルール

 原付一種カテゴリに分類される50cc以下の原動機付自転車(以下、原付)は、決められた条件の交差点では、二段階右折をしなければなりません。

 そのため、原付に乗っている人が決められた交差点で二段階右折をしないと、違反となります。

二段階右折の標識
二段階右折の標識

 原付で二段階右折が必要な交差点は、走行している車線が右折レーンを含む3車線以上の道路かつ、二段階右折禁止の標識がない交差点。

 二段階右折のやり方は、まず左車線の左側に寄り、右折をする交差点の30メートル手前で右ウインカーを出しながら交差点に進入します。

 そして、交差点を渡ったところでバイクの向きを変え、ウインカーを消して進行方向の信号が変わるまで待ち、向きを変えた側の信号に従って交差点を渡り切れば、二段階右折完了です。

 このように、二段階右折は左側車線で右ウインカーを出しながら交差点を直進するなど、通常の右折方法とは大きく異なるのが特徴。そのため、二段階右折のルールを理解していないドライバーのなかには、原付の思いがけない動きに驚いてしまう人もいるかもしれません。

 クルマしか運転しない人も、原付の二段階右折のやり方を知っておけば事故の防止にもなるため、覚えておくようにしましょう。

原付以外が二段階右折をするのは違反?

 では、原付二種で二段階右折をした場合は、違反になるのでしょうか。

 普段50ccの原付一種に乗っている人は、うっかりも含めて通常の右折方法に不安があったり、右折レーンに車線変更をするタイミングを逃し、誤って二段階右折をしてしまうケースも考えられます。

交差点に進入する原付二種モデル
交差点に進入する原付二種モデル

 しかし、原付二種で二段階右折をしてしまうと「交差点右左折法違反」となり、違反点数1点と反則金4000円の罰則が科せられます。

 では、なぜ同じ原付でも原付一種だけが二段階右折が必要な法律となっているのでしょうか。それには、原付一種に適用される最高速度30km/h以下の制限が関係しています。

 周りのクルマなどに比べて極端に速度が遅い原付一種が、右折をするために左車線から追い越し車線に進路を変更しようとすると、クルマやバイクとの速度の違いから生まれる事故の危険性が高まります。

 そのため原付や自転車は二段階右折をすることで、車線変更をすることなく常に左車線を走行しながら安全に右折をすることができる法律となっているのです。

 では、なぜ同じ原付でも原付二種で二段階右折をすると違反になってしまうのでしょうか。

 その理由は、前述した原付一種の二段階右折問題とは真逆。原付二種は原付一種よりも車体が大きく、二段階右折をすることで、他の車両の通行を妨害する恐れがあるためです。

 道路交通法第34条2項には、「自動車、原動機付自転車またはトロリーバスは、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側を徐行しなければならない」と定められています。

 二段階右折は、あくまでも原付一種と軽車両だけの交通ルールです。もし、原付二種を含めた51cc以上のバイクで走行中に右折レーンに入れなかった場合は、焦らずにその先の交差点で直進または左折して、一旦やり過ごすようにしてください。

 そして、安全な場所でUターンまたは迂回するなどして、対処するようにしましょう。