自転車には様々な種類があり、何をどのように選べば良いのか迷うこともあるでしょう。ここではゴツい見た目で悪路を力強く走る「マウンテンバイク」を紹介します。

荒れ地をガシガシ走るタフさが自慢

 自転車には様々な種類があり、何をどのように選べば良いのか迷うこともあるでしょう。ここではゴツい見た目で悪路を力強く走る「マウンテンバイク(MTB)」を紹介します。

「マウンテンバイク(MTB)」のイメージ
「マウンテンバイク(MTB)」のイメージ

 MTBは、オフロードと呼ばれる舗装されていない凹凸の激しい道や、勾配のきつい山の中を走るように設計されている自転車です。そのため、一般的な自転車と比べると車体はかなり頑丈に作られています。

 地面をしっかり掴むために表面がゴツゴツしたブロックタイヤと呼ばれる太いタイヤを装着。シティサイクルなどのタイヤと比べると肉厚でパンクしにくいよう設計され、そのワイルドな見た目も魅力です。

 車体は地面からの衝撃を吸収するためのサスペンションや、制動力に優れたディスクブレーキを採用するモデルも多く、とにかく悪路をアクティブに走り抜けることに特化した仕様が特徴です。

 オフロードを走ることを前提としているので、市街地で乗るには不向きだと思われがちですが、そんなことはありません。街乗りでもMTBの性能を充分活かすことができます。ただし、いくつか気をつけたいポイントもあります。

 まず、太いタイヤは地面をしっかりグリップするので安定性が増す反面、接地面が増えるのでタイヤの転がり抵抗が強くなります。常にペダルを踏み込む力が必要になるので、脚力に自信がない人には不向きと言えます。また、タイヤのサイズによっては太すぎて駐輪場のスタンドに入らない可能性もあります。

「マウンテンバイク(MTB)」のイメージ
「マウンテンバイク(MTB)」のイメージ

 そして最も気をつけて欲しいのが、ハンドルの幅です。MTGは荒れた道でのアグレッシブな走行を想定しているので、腕を広げてしっかりとハンドルを抑え込めるようハンドルの幅が広くなっています。ハンドル幅が60cmを超える自転車は、道路交通法上の「普通自転車」に該当せず、歩道の走行は不可なのです。

 とは言え、快適性と安定性に優れ、タフな見た目でオシャレなアウトドアギアとしての魅力もあり、注意すべきポイントや車体特性などを理解していれば、MTBは街中での使用でも優秀な自転車だと言えるでしょう。