四国エリアは、関東地方などに比べても夏場の気温が高くないといわれています。しかし、それでも34度を超える最高気温が記録されることもあり、夏の暑さは同様です。そんな四国にある、真夏のツーリングにおススメの清涼スポットをまとめてみました。

四国にある清涼スポット

 徳島・香川・愛媛・高知からなる四国エリアは、関東地方などに比べても夏場の気温が高くないといわれています。それでも34度を超える最高気温が記録されることもあり、夏は涼しい場所が人気です。

 そこで、四国にある真夏のツーリングにピッタリの清涼スポットをご紹介します。

四国カルスト(愛媛県)
四国カルスト(愛媛県)

●四国カルスト(愛媛県) 

 愛媛県と高知県の県境に位置する四国カルストは、別名「天空の道」と呼ばれる日本3大カルストのひとつです。

 カルストとは、石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形のことで、四国カルストの標高は1000mから1500m。東西に約25km連なっており、四国を代表するツーリングスポットのひとつとなっています。まるで羊の群れのように見える白い石灰岩は、日本のスイスと例えられることもある美しさです。

 広大な大地には牛が放牧されており、牧歌的な風景が見られるのも特徴。

 周辺にもさまざまなエリアが点在しており、なかでも大野が原は、四国カルスト西端に位置。牧場やペンションが点在する人気のエリアとなっています。また、四国カルスト屈指のビュースポットとして知られる五段高原は、石灰岩やドリーネと呼ばれる窪地など、カルスト特有の景色を楽しむことが可能。

 基本的に壮大な景色を楽しめるツーリングスポットではありますが、道幅が狭いところも多いため、走行時は要注意。また、土日は特にガソリンスタンドが休みのところも多いので、四国カルストへ向かう前には、給油しておくと安心です。

 四国カルストへのアクセス所要時間は、松山市街地から国道33号線で約50分。松山ICを経由する場合は、国道33号を利用すると30分ほどで到着します。

かずら橋(徳島県)
かずら橋(徳島県)

●かずら橋(徳島県) 

 徳島県三好市にある租谷のかずら橋は、日本三奇橋のひとつとして知られています。

 自生しているシラクチカズラという植物で作られているかずら橋は、四季を通じて美しい景色を堪能することができるスポット。毎晩19時から21時には橋のライトアップがおこなわれており、自然のなかに橋が浮かび上がる様は、一見の価値ありです。

 かずら橋は秘境と呼ばれるような場所にありますが、周辺道路は整備されており、バイクをはじめ観光バスなどでも気軽に訪れることのできる場所となっています。

 アクセスは、井川・池田ICから国道32号線を高知方面へ進んだあと、県道45号線から県道32号線を通り、さらに市道を走るコースが便利。所要時間は1時間程です。

 ちなみに、13kmほど離れた場所には、2億年の歳月をかけて吉野川によって形成された大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)という渓谷があります。まるで大理石の彫刻のような美しい断崖は、見る人を圧倒する絶景です。

龍河洞(高知県)
龍河洞(高知県)

●龍河洞(高知県) 

 高知県香美市にある龍河洞は、1億7500万年もの歳月をかけて形成された石灰岩の鍾乳洞で、全長約4kmの神秘の洞窟を探検することができます。

 観光コース、冒険コース、西本洞コースの3つのコースを選ぶことができますが、冒険コース、西本洞コースは事前に予約が必要なので注意してください。また、龍河洞では洞窟探検だけではなく、ショッピングや食事を楽しむことも可能です。

 さらに、龍河洞の生成についての地史や洞内生息動物の生態研究など、さまざまな資料研究物を公開展示している博物館も隣接。1日を通して遊ぶことができるスポットです。

 ちなみに、龍河洞から徳島方面へ、国道195号を50分ほど進んだ先には、べふ峡温泉があります。

 龍河洞で洞窟探検したあとは、べふ峡温泉で疲れた身体を癒すのもオススメ。龍河洞へのアクセスは高知自動車道「南国I.C」からバイクで約25分。龍河洞には複数の駐車場が完備されているので、ツーリングの休憩地点にするのも良いでしょう。

●高鉢山(香川県) 
 
 標高512mの高鉢山は、別名「綾上富士」とも呼ばれており、讃岐七富士のひとつに数えられています。

 加えて、全国でも珍しい風穴がある場所でもあり、かつて農作物の貯蔵所として使われていたこの風穴は、真夏でも10度から12度ほどに保たれているので、非常に涼しいスポットです。また、麓には駐車場も完備されていますが、30台ほどしか駐車することができない点には要注意。

 高鉢山へは、高松自動車道高松西ICを出て、県道44号線、国道32号線、陶交差点を県道17号線琴南方面へ左折すると、案内看板が見えてきます。所要時間は、50分ほどを見込んでおくと良いでしょう。

 ちなみに、高鉢山から20分ほど走った先には、タツタの森というキャンプ場があります。テントからコテージ、バンガローといった施設が併設されているので、キャンプツーリングを楽しみたい人にはおすすめのコースです。

霧の高原(愛媛県)
霧の高原(愛媛県)

●霧の森・霧の高原(愛媛県) 

 愛媛県四国中央市新宮は、お茶どころとしても有名です。なかでも、霧の森はカフェやレストラン、温泉などの施設を利用できる複合施設。銘菓である霧の森大福や、無農薬の新宮茶など、ショッピングやグルメを楽しむこともできます。

 清流馬立川に囲まれた霧の森は、日常の喧騒から離れてリフレッシュしたい人におすすめのスポット。

 塩塚峰に広がる霧の高原は、登山やハイキング、キャンプを楽しむことができる、アウトドア派のライダーにはうってつけの場所となっています。標高1000mを誇る高台は、真夏でも過ごしやすい気候となっているほか、キャンプやバーベキューを楽しむことができるので、マスツーリングの目的地としてもおすすめです。

 霧の高原から15km行った先には、上流と二段仕様になっている、全国的にも珍しい双子ダム、新宮ダムがあります。霧の高原に向かう際の立ち寄りポイントとしてもオススメ。

 霧の森へは新宮ICから県道5号を1分程走ると到着し、霧の高原へ行く場合は県道5号線を新宮方面に5分程走り、市道中央線を約20分走ると見えてきます。

 なお、ナビを使用すると通行止めになっている道へ案内される場合があるので、公式ホームページに記載されているルートマップを利用すると安心です。

※ ※ ※ 

 四国には、自然を感じることのできる清涼スポットがたくさんあります。観光を楽しむも良し、ショッピングやアウトドアを楽しむも良し、バリエーションの豊かさも魅力。

 暑い季節だからこそ魅力が増す清涼スポットへ、ぜひツーリングに出かけてみてはいかがでしょうか。