クラシックコンサート、音楽ホールの“利用料金”の恐ろしい話

クラシックコンサート、音楽ホールの“利用料金”の恐ろしい話

 僕は、海を見に行くのが好きです。ちょっと海を見たくなると、クルマに乗って葉山御用邸のある一色海岸に出かけるのですが、毎回、納得できないことがあります。

 高速道路を下りてすぐにトンネルがあるのですが、このトンネルが含まれたたった2キロの有料道路が、1970年開通の逗葉新道。ここを通らない方法もあるのですが、そうすると一旦、逗子市内に入る道しかなく、時間もかかります。そもそも逗子市内の交通渋滞を緩和する効果も狙って、この道路がつくられたのです。

 1日の通行量は1万1000台を超え、年間収入も約4億2000万円でほぼ推移している逗葉新道は、全国でも有数の収益率だそうです。そのため、今も一般車の通行料金100円という低価格に抑えることができるのだと思いますが、こんな駄菓子のような金額なら、撤廃してほしいとも思います。こんなトンネルは日本中どこにでもありますし、もちろん多くは無料です。しかし、逗葉新道は建設省(現国土交通省)ではなく、神奈川県道路公社がつくりました。そこにからくりがあるようです。日本には結構、こういう有料道路があり、各地でドライバーをイライラとさせていますが、それぞれの道路ができた当時は、本当にありがたく思われていたはずです。

●公共音楽ホールの不可思議な料金設定

 実は、こんな道路と同じように駄菓子屋のお菓子のような料金設定が、日本の公共音楽ホールにもあるのです。

 たとえば、オーケストラコンサートを行うとします。まずは、公共ホールを使用するのが一般的です。公共ホールは、文化振興目的だけでなく、成人式、県市町村の行事をはじめ各種イベントにも使用されることもあり、公共自治体の年間予算が組まれているために、安価で借りられる点が大きな魅力です。そして、意外に思われるかもしれませんが、日本の多くの公共ホールは、音楽の本場、欧米のホールよりも音響や設備も優れていることが多いのです。

 ホールの賃貸料は午前、午後、夜の3区分があり、しかも平日は安く設定しています。かつ、入場料無料と有料では、賃貸料を変えることも一般的に行われています。入場料金の金額に応じて料金が変わることも多いのですが、非営利目的の使用は、地元住民への貢献度も高いと考えられ、安く貸し出される仕組みです。

 ある中規模の政令都市の典型的な公共ホールを例として、調べてみました。入場料は3000円に設定し、日曜日の午後にコンサートを行います。この場合、ホールの賃貸料金は7万5000円。しかし、オーケストラは急にステージに上がって演奏できるわけではないので、朝からホールを押さえてリハーサルをすることが必要です。それだけでなく、冷暖房費も別にかかり、これもバカになりません。計算すると、合計二十数万円になります。さらに、これからが大変で、ドンドン加算されていきます。

 コンサートが近くなるとホール事務所で打ち合わせを行いますが、その際、まず「楽屋はいくつ必要でしょうか?」と聞かれます。この楽屋使用料は、ホールの料金に入っているかと思ったら、そうではありません。30人部屋が午前630円、午後750円。パーティルームを借りるのに比べたら、ものすごく安いのは、公共施設の良さです。30人部屋を2つ、45人部屋を2つ。個室を3つ借りても1万円にも満たないのですが、舞台裏で着替えをするわけにもいかないので、楽屋は必ず使用します。それにもかかわらず、最初からホール料金に含まれていないことに、ほとんどのオーケストラが自前のホールを持っている欧米から帰国した際、とても驚きました。

 それだけでは終わらず、次は照明料金の話になります。特殊照明ならともかく、ステージを最初から最後まで真っ暗闇で演奏するはずもなく、ステージの照明にまで料金設定がされているのも不思議です。公共ホールでは、備品も安い価格設定がされており、楽員の椅子1脚50円、譜面台も50円と、駄菓子屋での買い物のような値段。しかし、安いからといって気軽に、マイクロフォンや録音機材なども借りていると、コンサート直前になって、最初の段階では予期していなかった大金を追加で支払うことになります。

 ホールの保管備品でもある椅子や譜面台の50円と、冒頭の逗葉新道通行料金の100円は、金額が少額なだけに、なんだか似ているように思ってしまいます。しかし、好意的に考えてみると、長座布団1枚と、金屏風1層だけでいいという需要もあるかもしれないし、楽屋も個室楽屋が3室もあれば十分という団体もあります。さまざまな種類の団体の需要に合わせて、少しでも安く住民の方々に貸し出すための工夫なのかもしれません。

 最後に、以前、地方のアマチュアの市民オーケストラで演奏している友人に聞いたのですが、市民オーケストラを始めるきっかけのひとつとして、「その街にコンサートホールができること」があるそうで、そのほとんどは公共ホールです。この友人も、在住している街に公共ホールができたことで、オーケストラを結成したそうです。確かに、ホールというハードをつくった後、実際の活動を担うソフト面をどうするかということが、各公共ホールの共通の悩みであります。とはいえ、まずはホールができただけでも、その土地には文化が育ち始めるきっかけになるのです。
(文=篠崎靖男/指揮者)


関連記事

Business Journalの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索