米は相応の対応も、同盟国が警告無視して華為と提携すれば−当局者

(ブルームバーグ): 米国務省当局者は、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)などの中国の通信機器メーカーと提携しないよう求める米国の警告を同盟国が無視するなら、米国は相応の対応をする可能性があると述べた。米政府は欧州の同盟国への圧力を強めている。

  この当局者は、米国が同盟国、特に北大西洋条約機構(NATO)の同盟国と密に連携していることから、軍事上の緊急事態が起これば双方が華為のシステムを通じて連絡を取らざるを得なくなる恐れがあると指摘した。この問題について公の場で発言する立場にないとして、匿名で明らかにした。

  同当局者はさらに、警告を無視した同盟国に米国がどう対処するかについて明らかにする段階にはないが、米政府は引き続き同盟国に対し、特定の中国サプライヤーと契約しないよう求めていくと述べた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索