コカ・コーラ、世界の販売数量増加−甘い飲み物以外に多様化

コカ・コーラ、世界の販売数量増加−甘い飲み物以外に多様化

(ブルームバーグ): 23日の米株式市場で、清涼飲料メーカーのコカ・コーラが上昇。1−3月(第1四半期)決算で1株当たり利益が予想を上回った。同社は競争を回避し、甘い飲み物以外の分野に商品を多様化させている。

1−3月期のユニットケース販売数量は、世界全体で2%増。アジア太平洋地域で7%増えた

インサイト

コカ・コーラはこれまで、今年の利益について基本的には横ばいになるとの見通しを示しており、23日もこの見方を維持。同社は為替面での圧力や地政学的な緊張の問題に対応している。また、1−3月は英国のボトラーが欧州連合(EU)離脱を控え在庫を積み増したことも追い風になったと明らかにした4−6月(第2四半期)にRTD(レディー・トゥー・ドリンク)コーヒーの「コスタ」を発売すると発表。甘い炭酸飲料以外の飲み物で売上高拡大を目指す最新の動きとなる。同社は51億ドル(約5700億円)で買収した英コーヒー店チェーンのコスタに関する戦略についてはまだ示していないただし、国内市場は引き続き弱い状況。北米の販売数量は1%減少し、2四半期連続のマイナス

市場の反応

コカ・コーラの株価は一時2.8%高。年初来では22日までの時点でほぼ横ばいと、ペプシコの14%高を下回っている

詳細

決算の詳細についてはこちらをクリックして下さい発表文はこちらをクリック

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索