日本株は8日ぶりに反発、令和初の上昇−米中貿易摩擦への警戒後退

日本株は8日ぶりに反発、令和初の上昇−米中貿易摩擦への警戒後退

(ブルームバーグ): 15日の東京株式相場は8営業日ぶりに反発し、元号が令和になって初めて上昇した。米国と中国の貿易摩擦に対する警戒が和らぎ、電機や精密機器など輸出関連、自社株買いの三菱地所などの不動産が高い。

背景

  岡三アセットマネジメントの前野達志シニアストラテジストは、「トランプ大統領の発言から米中貿易協議の進展期待はゼロではないことが意識された。両国の報復関税に対するイニシャルリアクションで下げ過ぎていたところから買い戻しが入っている」と話した。

  株価指数は午前に前日終値を挟んでもみ合い、午後は中国株の上昇を手掛かりに上値を追う展開となった。午前11時に発表された中国の工業生産や小売売上高といった経済指標は鈍化したが、「米国による関税引き上げの影響回避に景気刺激策を打ってくるのではとの期待につながった可能性がある」と前野氏はみている。

東証1部33業種では繊維製品、不動産、電機、精密機器、食料品、機械が上昇率上位決算失望の武田薬品工業やJFEホールディングスが売られ医薬品や鉄鋼は下落

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索