中国株が大幅安、貿易摩擦懸念−オフショア人民元は昨年11月以来安値

中国株が大幅安、貿易摩擦懸念−オフショア人民元は昨年11月以来安値

(ブルームバーグ): 17日の中国株式相場は下落。米国との貿易戦争に終わりが見えないとの懸念が広がり、人民元も値下がりした。

  上海総合指数は前日比2.5%安の2882.30で取引を終了。一時2.8%下げる場面もあった。週間ベースでは4週続落と10カ月ぶりの長期下落局面。

  オフショア人民元は一時0.24%安の1ドル=6.9450元と、昨年11月以来の安値を付けた。その後は中国人民銀行(中央銀行)が元相場を下支えするとロイター通信が報じて下げ幅を縮小した。

  中国の国営メディアは協議再開への関心の薄さを示唆する一方、トランプ政権は華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の米国サプライヤーへのアクセスを事実上禁止する「エンティティー・リスト」への掲載に踏み切り、米中間の貿易対立が解消する兆しは見えない。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索