欧州半導体メーカー、華為への供給を継続−米政権の禁止措置でも

欧州半導体メーカー、華為への供給を継続−米政権の禁止措置でも

(ブルームバーグ): 中国最大のテクノロジー企業、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)への製品供給を事実上禁止する米政府の措置が世界的に波紋を広げる中で、欧州の半導体メーカーは華為への供給を引き続き継続すると明らかにした。

  トランプ米政権は17日、華為が中国政府のスパイ行為に加担しているとし、米国製ソフトウエアや半導体の製品利用を事実上禁じる「エンティティー・リスト」に掲載した。

  これに対し欧州最大級の半導体メーカー、ドイツのインフィニオン・テクノロジー広報は、華為向けに供給している製品の過半数は米政府の制限の対象ではないとし、「当社の国際サプライチェーンの中で適応可能だ」と付け加えた。オーストリアのamsも華為への供給を止めてはいないと言明した。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、華為向け売上高はインフォニオンが全体の1.3%、amsは3.7%を占める。日経アジアレビューは20日付で、インフィニオンが華為向け供給を停止したと関係者2人の話として報じていた。

  関係者によると、インテルやクアルコム、ザイリンクス、ブロードコムなど米半導体メーカーは、追って通知があるまで華為向けの供給を凍結する方針を従業員に対し伝達済み。米政府の決定に従うと、米国外のサプライヤーは研究調査や製品を華為に供給でき、大きな打撃を受けない可能性もある。

(第5段落に内容を追加します.)

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索