ECB、記録的規模の量的緩和必要にも−債券利回り抑え込みには

ECB、記録的規模の量的緩和必要にも−債券利回り抑え込みには

(ブルームバーグ): ドイツ国債のバリュエーションを見る限り、欧州中央銀行(ECB)は投資家の期待に沿うためには記録的な金額の量的緩和(QE)を実施する必要があるかもしれない。

  インフレを2%に回復させるための新たな金融緩和をドラギ総裁が示唆した後、ユーロ圏の多くの国の債券は18日、年初来最大の値上がりとなった。だが、債券相場を維持するのは容易ではない。

  BNPパリバによると、ドイツ10年国債の利回りを今週付けた過去最低のマイナス0.328%付近に維持するためには、ECBが過剰流動性をほぼ倍増させ3兆ユーロ(約364兆円)以上にする必要がある。

  ECBが過剰流動性を1兆4000億ユーロ増加させるには、月550億ユーロ余りの資産購入を2年間続けなければならないと、BNPのストラテジスト、エリック・オイノヤン氏は試算。このためにECBは、1銘柄の債券について中央銀行が購入できる上限を33%から50%に引き上げる必要がある。

  ECBによるこのような動きを想定すると、金利スワップとの比較でドイツ5年債が値上がりを見込むことは理にかなっていると、オイノヤン氏は指摘した。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索