中銀からハト派発言ラッシュ、市場はお祝い−でも「やり過ぎ」の声も

中銀からハト派発言ラッシュ、市場はお祝い−でも「やり過ぎ」の声も

(ブルームバーグ): 中央銀行のおかげで今週の市場は祝賀ムードになった。米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)のハト派コメントが止まりかけていた強気相場を救い、S&P500種株価指数は最高値を更新、米国債利回りは2年ぶりの低水準を付けた。

  しかし懐疑論者に言わせれば、中銀は既に燃え盛っている火に油を注いだだけだ。利下げや新たな債券購入などの追加緩和は、インフレを押し上げる代わりに、既に割高になっている資産の値上がりをあおりバブルを生成させかねない。

  こうした警告は金融危機後繰り返し聞かれており、株価上昇に対する疑心暗鬼の表れの1つにすぎない。しかし、当局が市場の緩和要求に屈してマイナス利回りの債券残高が過去最高を更新、利回り追求が投資家をリスク資産に駆り立てる中では、特に説得力が感じられる。 

  ニュートン・インベストメント・マネジメントのマルチアセット・ファンドマネジャー、ポール・フラッド氏は「こうした中央銀行への依存は、ポートフォリオでリスクを取り過ぎている投資家に大打撃を与えるだろう」とし、 「大規模な予期せぬ結果につながり、重大な政策の失敗となるだろう」と話している。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索