債券トレーダーに警告、全員が一致の取引は通常良い結果生まない

債券トレーダーに警告、全員が一致の取引は通常良い結果生まない

(ブルームバーグ): 世界のイールドカーブの今後の動きについて、債券ストラテジストの見方はほぼ一致している。つまり、取引が一方的になるリスクがそこにある。

  ウォール街の著名ストラテジストはほぼ全員が、米金融当局の利下げで米国債イールドカーブはスティープ化し、他の先進国市場では世界的な成長減速に伴いフラット化すると予想している。先週はユーロ圏の量的緩和(QE)再開の観測から欧州債イールドカーブのフラット化予想が勢い付いた。

  ストラテジストが推奨するこの取引はこれまでのところ利益が出ているが、この見通しに基づき構築されたポジションはますます膨らんでいる。ポジションが一方向に偏っているため、世界経済に対するセンチメントが改善すれば、誰もが同時に解消を図り市場が混乱するリスクがある。

  とはいえ、現時点ではバンク・オブ・アメリカ(BofA)、バークレイズ、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ナットウェスト・マーケッツ、TDセキュリティーズがいずれも、米イールドカーブのスティープ化を見込む取引を勧めている。

  ユーロ圏については、欧州中央銀行(ECB)の中銀預金金利は既にマイナス0.4%で利下げ余地が小さい。このため量的緩和(QE)再開が選択肢として浮上し、ストラテジストらは長期債が短期債をアウトパフォームすると想定した取引を推奨している。

  日本の投資家は利回り追求で知られるが、残念なことに日本の投資家が好む海外の債券の利回りは最近数カ月に急低下した。このため日本の投資家は超長期の日本国債を選好する可能性が高い。ゴールドマンやモルガン・スタンレーは日本国債のイールドカーブ・フラット化を見込んだ取引を勧めている。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索