ウニクレディト、最大1万人の削減を検討−関係者

ウニクレディト、最大1万人の削減を検討−関係者

(ブルームバーグ): イタリアの銀行ウニクレディトは新たな戦略計画の一環として、数千人の人員削減と営業費用の圧縮を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、ウニクレディトは最大1万人の削減を検討している。最終的な削減数はまだ検討中で、はるかに少なくなる可能性もある。削減対象は同行が最大数の人員を抱えるイタリアのほか、他の国も含まれるという。12月に公表予定の新計画によると、同行はその他営業費用の最大10%削減も視野にあると関係者らは述べた。

  ジャン・ピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)は先の3年計画でコスト削減と資産の質向上の目標を十二分に達成し、現在は次の目標を準備している。同氏は既に、非中核事業の縮小とイタリア国債持ち高の調整、資本バッファーの改善を加速させる方針を示している。

  ウニクレディトの広報担当者はコメントを控えた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索