ターゲット株急伸、上場来高値−ウォルマートと同様に好決算

(ブルームバーグ): 21日の米株式市場でディスカウントチェーンのターゲットが急伸。競合するウォルマートと同様、第2四半期(8月3日終了)決算が堅調だった。小売業界全般が厳しい状況にある中、ディスカウント小売りの底堅さに変わりがないことが示された。

既存店売上高は3.4%増。コンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想平均を上回った。ターゲットは通期の利益見通しを1株当たり15セント引き上げた

インサイト

メーシーズやコールズといった百貨店では買い物客が一段と慎重になり、アマゾンなどのインターネット企業の進出に押され、売上高が予想を下回っていたが、ターゲットはこうした苦境は回避ウェブの売上高は34%増。ただし、前期の伸び率は下回った。当日配達などの選択肢を提供するため、多額を投資したが、こうした事業拡大が過去数四半期の利益性を圧迫していた。第2四半期はコスト削減策が奏功し、粗利益率は30.6%に改善

市場の反応

ターゲットの株価は一時19%高。20日終値の時点で年初来29%高

(Adds new chart.)

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索