英首相、EU離脱交渉の楽観見通しを一変−早期合意期待すべきでない

(ブルームバーグ): ジョンソン英首相は、欧州連合(EU)離脱協定案の再交渉に応じるようEU加盟国首脳を説得するのは容易ではないと認めた。今週ベルリンとパリを訪問した後で、これまでの発言から大きくトーンを変化させた。

  プレス・アソシエーション(PA)が報じたところによると、ジョンソン首相は23日にイングランド南西部のデボンで、「皆に注意を喚起しておきたい。朝飯前でも簡単でもないからだ。これを成し遂げるには、懸命な努力が必要になる」と発言。進展は果たしているとしつつ、速やかに合意が結べるとはあまり期待すべきではないと語った。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索