パウエル氏は「敵」発言、文字通りに取らないように−米財務長官

(ブルームバーグ): トランプ米大統領がパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長を中国の習近平国家主席と並ぶ敵だと評したことについて、ムニューシン米財務長官は文字通りに受け止めないようにと述べた。

  ムニューシン長官は先進7カ国首脳会議(G7サミット)に合わせて訪れているフランス・ビアリッツで「FOXニュース・サンデー」に出演して話した。トランプ氏は23日、パウエル議長と習主席のどちらがより大きな敵かとツイート。同長官はこれについて質問され、「パウエル氏が敵だという文字通りのコメントだとは思わない」と述べた。

  長官はまた、米国は景気減速に直面していないと述べたほか、しばしば景気下降の先行指標とされる逆イールドについては、追加利下げへの市場の期待を反映したものだとの認識を示した。

  トランプ大統領は23日、中国からの輸入品への関税を引き上げる方針を表明。中国側は反発を示している。ムニューシン長官はこの問題について、米国との通商合意に中国が達することに「幾分望みを抱いている」と語った。

  クドロー米国家経済会議(NEC)委員長はCNNの「ステート・オブ・ザ・ユニオン」で、「中国側と米国側との対話は続いている。交渉は続いている」と発言。「中国側が9月のいずれかの時期に訪米することを、米国側は引き続き計画している」と述べた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索