米企業、労働コスト環境に変化−サンノゼはマイアミの倍近い水準

米企業、労働コスト環境に変化−サンノゼはマイアミの倍近い水準

(ブルームバーグ): 米国の都市別でみた雇用コストに変化が生じている。サンノゼを含むシリコンバレーでの民間雇用者コストは1時間あたり53.65ドル(約5800円)と、マイアミの2倍近くとなった。

  米労働統計局(BLS)がまとめた民間部門雇用コスト統計によると、6月の雇用者報酬は1人1時間当たりで全米平均36.61ドルだった。内訳は賃金・給与が25.12ドル(全体の68.6%)、福利厚生費用が11.48ドル(31.4%)。医療保険は全体の8.3%だった。

  2019年3月の都市圏別民間労働者報酬(福利厚生費用含む)データによれば、マイアミとフォートローダーデール、ポートセントルーシーを含むフロリダ州都市圏が28.48ドルで最も低く、サンノゼとサンフランシスコ、オークランドのカリフォルニア州都市圏は53.65ドルで最も高い。

  サンノゼとアリゾナ州のフェニックスでは、雇用者報酬コストが2009年のリセッション(景気後退)終了以降に40%超増えている。

  サンノゼは10年前の2009年にも15都市圏のうち雇用コストが最高だった。 ニューヨークは3位から2位にランクアップ。シアトルは6位から3位に、ヒューストンは8位から5位にそれぞれ躍進した。一方でボストンは2位から4位に下がった。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索