ドイツ銀行CEO、投資銀行部門責任者の外部人材登用を検討−関係者

(ブルームバーグ): ドイツ銀行のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は、投資銀行部門の新たな責任者を外部から招くかどうかを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。ドイツ銀は抜本的な組織再編を打ち出す中で、同部門を率いていたガース・リッチー氏が7月に退社した。

  リッチー氏の退社後、投資銀行部門はゼービングCEOが直接指揮を執っている。関係者によると、ゼービング氏はこの責務を解き、CEOとしての役割に完全に集中できるようにすることは理にかなうかもしれないと考えている。

  正式な決定は何も下されておらず、これまでに候補者と接触があったのかは不明だと関係者は述べた。関係者は内部の協議であることを理由に匿名を希望した。

  ドイツ銀行はコメントを控えた。関係者は同行の検討は初期的な段階にあり、人材招請が実現しない可能性もあると指摘した。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索