NY連銀、買いオペで資金供給−FF金利実効レートは誘導目標突破

(ブルームバーグ): ニューヨーク連銀は18日、公開市場操作(オペ)を実施し、翌日物システムレポ(自己勘定による売り戻し条件付き買いオペ)で750億ドル(約8兆1100億円)を市場に供給した。

  翌日物レポ金利は3日連続で高水準にあるものの、朝方には買いオペが実施される前でさえ2.8%まで下げた。17日には過去最高の10%に急上昇していた。

  ニューヨーク連銀が発表した17日のフェデラルファンド(FF)金利実効レートは2.3%と、FF金利誘導目標レンジの上限2.25%を突破。米金融当局が短期金利に対する統制を失いつつあることが示された。 

  MUFGセキュリティーズのジョン・ハーマン氏は「金融システムにおいて短期金融市場は非常に強力な部分だ」と述べ、「金融当局のこれまでの対応策は、消火栓の設置といった実際の活動ではなく、火事に対応する消防局になった程度だ。さらなる行動が必要だ」と話した。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索