ソフトバンクG、さらにCDS上昇−WeWorkで悪材料続く

ソフトバンクG、さらにCDS上昇−WeWorkで悪材料続く

(ブルームバーグ): 投資先のウィーワークを巡る悪材料が相次ぎ、ソフトバンクグループの社債保証コスト(CDS)が上昇基調を強めている。

  CMAによるとCDSは239.5bpと1月中旬以来の高水準を17日付けた。これに先立ち新規株式公開(IPO)を撤回したウィーワークに50億ドル(約5437億円)程度を緊急支援する計画が明らかになっている。100億ドル(約1兆1000億円)以上を投資するウィーワークのIPOに暗雲が立ち込めた9月中旬あたりからCDSの上昇は加速した。日本企業128社の平均CDSは17日、横ばいの47bp。

  アダム・ニューマン最高経営責任者(CEO)に続いて、マーケティングのトップ退任も18日表面化したウィーワークは11月にも資金が底を突くとみられ、JPモルガン・チェースが主導するジャンク債を含む資金調達とソフトバンクGからの支援案を検討している。ソフトバンクGは11月6日に第2四半期(7−9月)決算を発表する予定。

  あるトレーダーはソフトバンクGのCDS上昇について、ウィーワークを巡るニュースに株価とともに反応していると述べた。ボラティリティ(変化率)が高く買い手が限られ、上昇は止まりにくく250bpにやはり接近している、としている。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る