トランプ氏、所有リゾートでのG7開催断念−外交の私的利用と批判

(ブルームバーグ): トランプ米大統領は、来年の主要7カ国(G7)首脳会議の開催地について、米フロリダ州マイアミ近郊にある自らの系列ゴルフリゾート「トランプ・ナショナル・ドラル」を検討対象から外すとツイートした。主要な政府の外交行事を私的な商業利益のために利用しているとトランプ氏への批判が広がっていた。

  トランプ大統領はツイートで、メディアや民主党からの批判を「頭のおかしい不合理な敵意」と呼びつつ、ワシントン近郊のキャンプデービッド山荘を使う可能性も含め、別の開催地探しに着手すると述べた。同氏はトランプ・ナショナル・ドラルを無償で、法的に認められれば経費ゼロで米政府に提供する用意があるとしていた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る