ユニクロが韓国でテレビCM停止、慰安婦に言及と批判受け−国民日報

ユニクロが韓国でテレビCM停止、慰安婦に言及と批判受け−国民日報

(ブルームバーグ): アパレルチェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング(Fリテイリ)は韓国で一部消費者の怒りを買ったテレビコマーシャルを停止したと韓国紙の国民日報が報じた。

  ユニクロの秋冬コレクションを宣伝する英語版CMに付けられた韓国語の字幕を巡り、戦時中の従軍慰安婦に言及したものだと一部の人々が主張。国民日報が同社幹部1人を引用して伝えたところでは、このCMはユニクロのユーチューブアカウントとテレビネットワークから取り下げされた。幹部の名前は明らかにされていない。

  同紙によれば、「物議を醸す」CMを19日以降停止するとしたのは経営陣の決定だったとこの幹部は話している。ユニクロは18日にこのCMについて、侮辱する意図はなかったと説明した。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る