ゴールドマンのバンカーら6人、米当局が訴追−インサイダー取引

ゴールドマンのバンカーら6人、米当局が訴追−インサイダー取引

(ブルームバーグ): 米検察当局は世界的なインサイダー取引で数千万ドルの不当な利益を得たとしてゴールドマン・サックス・グループのバンカーを含む計6人を起訴した。

  22日の発表によると、訴追されたのはロンドンとモナコに居住している証券トレーダーのジョセフ・エルコーリ被告(52)やゴールドマンの投資銀行部門のバンカー、ブライアン・コーエン被告ら。 モーリスおよびセンタービュー・パートナーズ出身者も含まれる。

  被告らは共謀、電信詐欺、証券詐欺などで複数の罪に問われており、最も重い罪では最長25年の禁錮刑の可能性がある。

  マンハッタンの連邦検察当局は、買収や合併の報道・発表に先立って取引することで大きな利益を上げたヨーロッパおよび中東の株式ピッカーのグループを捜査していた。

  エルコーリ被告は21日に英国で拘束され米国は身柄引き渡しを求めている。コーエン被告ら2人は先週ニューヨークで逮捕された。他の被告は拘束されていない。

  コーエン被告は22日、米連邦地裁に出頭し無罪を主張。保釈金は75万ドル(約8100万円)に引き上げられたが釈放された。弁護人のアイラ・ソーキン氏はコメントを控えた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る