アラムコIPO目論見書、20年以内に石油需要ピークとの見通しを引用

アラムコIPO目論見書、20年以内に石油需要ピークとの見通しを引用

(ブルームバーグ): サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは9日に公表した新規株式公開(IPO)の目論見書に、世界の石油需要は向こう20年以内にピークを迎える可能性があるとの見通しを引用した。これまで、石油需要がピークを迎えるとの見方を退けていたサウジ当局者の見解が変わりつつあることが示唆された。

  アラムコは独自の推定を示すのではなく、コンサルティング会社IHSマークイットの予測を引用した。同予測は石油需要が2035年前後をピークに「横ばい」となるとしている。また付属のグラフによれば、45年の世界の石油需要は40年時点を下回っている。

  アラムコはこの予測への同意を明確に表明しなかったものの、IPO目論見書に含めたことで世界の投資家が注目しそうだ。目論見書は、アラムコの取締役らがISHマークイットの提供データを「信頼できる」とみているとしている。

  同目論見書は、化石燃料からのシフトが加速し、20年代遅くに石油需要がピークを迎えるという第2のシナリオも示した。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る