トランプ政権はEU自動車関税に関する判断を先送りの見通し−関係者

(ブルームバーグ): トランプ政権は欧州連合(EU)製自動車に関税を発動するかどうかの決定を先送りする可能性がある。ホワイトハウス の協議に詳しい関係者が明らかにした。  トランプ米大統領は5月、決定の期限を11月中旬に設定。EU側は関税が発動されれば、米国製品390億ドル(約4兆2600億円)相当への報復関税を課すと警告していた。  計画に詳しい関係者によると、トランプ大統領は今週の期限を再び延期する見通し。ただ、同大統領は最終的な決定を下していないという。    ホワイトハウスは11日にコメントを控えた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る