米上院の香港法案、トランプ大統領は沈黙続ける−19日に可決も

(ブルームバーグ): 米上院共和党が香港の抗議運動参加者に対する支持を進めようとしている中、トランプ米大統領は沈黙を続けている。米中貿易合意の初期段階の成立を目指すトランプ氏は、中国から怒りを買いかねない超党派の法案に署名するかどうかの意思はまだ示していない。

  議会側近の1人が明らかにしたところによると、この法案は財務省および国務省当局者の協力を得てまとめられ、19日にも可決される可能性がある。ただし政権当局者の1人は前日、問題はトランプ大統領による承認だと慎重な見方を示した。

  同法案の主要な提出者である共和党のルビオ上院議員は、トランプ大統領が法案を「支持するかどうかは分からない」と話した上で、大統領は「支持するとみている。そうしない理由が私には分からない」と続けた。

  ホワイトハウス報道官は上院の法案についてコメントを避けた。

関連記事:トランプ大統領は香港情勢について発言を−米共和党上院院内総務関連記事:米下院、香港人権法案を可決−香港民主派を後押し

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る