(ブルームバーグ): 英銀HSBCホールディングスは米顧客700人強による計10億ドル余りの資産の脱税をほう助したと認め、1億9240万ドル(約210億円)を支払うことで米当局と合意した。

  米検察当局は、共謀して米税務当局を欺いたとしてHSBCのスイス部門であるHSBCプライベート・バンク(スイス)を訴追請求していたが、フロリダ州フォートローダーデールの連邦裁判所に10日に提出した和解案をHSBCが守った場合は3年後に取り下げることで合意した。

  検察はHSBCのスイス部門が少なくとも2000−10年にかけて、「米市民が海外の資産と収入を米税務当局から隠し、脱税し、虚偽の連邦納税申告書を米内国歳入局(IRS)に提出するのを助けた」と主張していた。

  今回の合意に先立ち、米司法省とIRSはUBSグループやクレディ・スイス・グループなどスイスの銀行数十行と無申告口座を巡って数年にわたり法廷で争い、多くの銀行と和解していた。

  HSBCのスイス部門は「陳述書」で、同行は米顧客720人による8億2500万ドルの資産隠しを助けたことを認めた。無申告資産は07年に12億6000万ドルに増加した後、3年後には約半分に減少した。

  同部門は報告が義務付けられない1万ドル未満の引き出し額にするよう顧客に助言したり、クレジットカードやデビットカードを提供したりするなどさまざまなサービスを行い顧客がIRSを欺くのを助けた。

  UBSは09年、数千人の顧客がIRSを欺くのを助けたことを認め、7億8000万ドルを支払った。クレディ・スイスは14年に26億ドルを支払うことで合意。そのほかのスイスの銀行80行が米司法省のプログラムの一環として、13億7000万ドルの支払いと自主的な不正行為の開示に応じることで和解した。  原題:HSBC Agrees to Pay $192 Million to Resolve U.S. Tax Probe (1)(抜粋)

©2019 Bloomberg L.P.