(ブルームバーグ): 米アップルは、複数の定額デジタルサービスを顧客がまとめて利用できるパッケージの提供を準備している。サービスごとの契約より安い月額料金で利用できるようになるという。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  プランの非公開を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、アップル社内で「アップルワン」と呼ばれるパッケージは、「iPhone(アイフォーン)」の新機種投入に合わせ、10月にも開始する予定。経常的収入を増やすため、アップルのより多くのサービスに加入を促す狙いがある。

  基本パッケージにはアップルミュージックとアップルTV+(プラス)が含まれ、追加料金を払えば定額制ゲームサービスのアップルアーケードも利用可能。アップルニュース+、さらにはiCloud(アイクラウド)のストレージ容量追加を含むより高額なセットも用意する。

  プランやパッケージを構成するサービスは変更される可能性があるが、アップルの複数のサービスに個別に加入するより安い料金で利用できることを目指す。同社の広報担当者はコメントを控えている。

©2020 Bloomberg L.P.