(ブルームバーグ): アストラゼネカとオックスフォード大学が、共同開発した新型コロナウイルスワクチンの製造過程に誤りがあったと認めたことで、同ワクチンの試験結果に疑問が投げ掛けられている。

  アストラゼネカとオックスフォード大は今週、第3相臨床試験でワクチンが平均70%の確率で有効性を示したと発表した。公表されたデータが少ないことで、米当局が使用許可を見送るとの声も出ている。

  アストラゼネカとオックスフォード大は、1回分の半分の量の後に1回分全量を接種した場合は90%の有効性が示され、1回分を2回接種した場合は62%だったとしている。しかし、米政権のワクチン開発加速プログラム「ワープ・スピード作戦」の責任者は発表の翌日に、高い確率の有効性が示されたのは比較的若い被験者を対象とした試験だったと指摘した。

  オックスフォード大は、製造過程にばらつきがあったことから試験の遅い段階で1回分の代わりに半分量が接種されたと明らかにした。これが判明した時点で当局と協議し、2種類の投与量で試験を続けることが合意されたという。

  ワクチンの「濃度を測定する方法が今は確立されたので、全てのワクチンが同等であることが今は確実だ」と同大は説明している。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、サム・ファゼリ氏は「暫定分析で異なる有効性が示された最も可能性の高い説明は、偶然かまたは被験者の構成によるというものだ。いずれにしても、現在のデータに基づいて承認されるとすれば、人々は本当の有効性が分からないワクチンを接種されることになる」と述べた。

  アストラゼネカの広報担当者は、試験は「最高のスタンダード」で実施され、有効性の数字を正確にするためにさらなる分析が行われていると説明した。

©2020 Bloomberg L.P.