(ブルームバーグ): ペンス米副大統領が14日にハリス次期副大統領に電話をかけ、新旧政権間としてはこれまででで最高レベルの直接対話が実現した。政権移行チームの当局者が明らかにした。

  ペンス氏は同日、ワシントンで開かれた法執行機関職員向けのブリーフィングで、大統領就任式を安全に執り行うため「連邦政府のリソースすべて」を動員すると公言している。

  「秩序ある政権移行と安全な就任式を約束する」とペンス氏は言明。6日の議事堂乱入事件後も暴力発生の脅威が続いているものの、バイデン、ハリスの次期正副大統領は「米国の歴史と整合するやり方で」宣誓就任することになると述べた。

  ペンス氏の電話を最初に報じたニューヨーク・タイムズ紙によれば、2人は礼儀正しく歓談した。

©2021 Bloomberg L.P.