(ブルームバーグ):

市場の関心が高かった米消費者物価指数(CPI)は3月、予想を上回る上昇率を記録。先週発表の米生産者物価指数(PPI)も予想の2倍の伸びでした。ただ、ミラー・タバクのストラテジストは、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチン使用中断を米当局が勧告したことを挙げ、こうしたリスクがある中で金融当局は引き続き潤沢な流動性を供給するとの見方を示しています。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

2012年以来の大きな伸び

3月の米CPIは前月比0.6%上昇と、2012年以来の大きな伸びを示した。ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は0.5%上昇、2月は0.4%上昇だった。変動の大きい食品とエネルギーを除くコアCPIは前月比0.3%上昇し、7カ月ぶりの大幅な伸び。市場予想(0.2%上昇)を上回り、インフレ圧力が強まりつつあることが示された。食品価格は前月比0.1%上昇。エネルギー価格は5%上昇と、17年9月以来で最大となった。

6人に症状

米保健当局はJ&J製コロナワクチンの投与を一時停止するよう勧告した。接種後の副反応として、まれに深刻な血栓が生じる懸念があるためだ。米疾病対策センター(CDC)と米食品医薬品局(FDA)が発表した共同声明によると、J&J製ワクチンを接種した18歳から48歳の女性6人に血小板の減少を伴う脳血栓が見られた。4月12日時点で、これまでに同ワクチンを接種したのは680万人以上だという。CDCは14日に予防接種諮問委員会の会合を開き、血栓の症例を精査して重大さを判断する。

野村、資金提供を厳格化

野村ホールディングスはアルケゴス・キャピタル・マネジメント問題を受けて、一部のヘッジファンド顧客に対するファイナンシングを厳格化しつつある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。詳細は非公開だとして関係者の1人が匿名で述べたところによると、これまでマージンファイナンシングの制限で例外を認めていた一部顧客に対し、レバレッジを抑制するなどの対応策を講じる。野村の担当者はコメントを控えた。アルケゴスのポジション破綻に絡み野村は20億ドル(約2200億円)の損失を被る可能性がある。

ヘッジファンド関連リスク

欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏の大手銀行に、ヘッジファンド関連リスクについて追加情報を求めた。アルケゴスのポジション破綻を受けて行動した。事情に詳しい関係者によると、ECBはドイツ銀行やBNPパリバなどに情報の提供を要請した。業界を混乱させるような問題の後で標準的な慣行だという。ECBの監督下にあり一定規模のヘッジファンド事業を持つ銀行は全て、質問を受ける可能性が高いと、関係者が非公開情報だとして匿名を条件に述べた。

過去最大規模

ソフトバンクグループが出資する東南アジアの配車サービス大手グラブ・ホールディングスは、特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併を通じて米国に上場する。SPACとの合併として過去最大規模になる。シンガポールを本拠とするグラブの企業価値は、米投資会社アルティメーター・キャピタル・マネジメントのSPACとの合併後、約396億ドル(約4兆3300億円)に。グラブは東南アジアのユニコーン(企業価値が10億ドルを超えるスタートアップ企業)としてSPACとの合併による上場を果たす先駆的存在になる。

その他の注目ニュース

ドイツZEW期待指数は4月に低下、コロナ対策強化に対する懸念反映

香港、立法会選挙を12月19日に実施へ−中国が定める新制度を推進へ

バイデン大統領、9月11日までにアフガンから米軍を完全撤収−関係者

©2021 Bloomberg L.P.