(ブルームバーグ): 13日のロンドン金属取引所(LME)のアルミニウム相場は一時、約3年ぶり高値に上昇。非鉄金属の上げをけん引した。中国の貿易統計が需要見通しを押し上げた。

  3月の中国輸出は2月の記録的な伸びから鈍ったとはいえ堅調な勢いを維持したほか、輸入は予想を上回ったことが、13日発表の税関総署のデータで示された。世界経済の回復が中国の需要に拍車を掛けていることを示唆している。同国は世界最大の非鉄金属の消費国。

  LMEのアルミ相場(3カ月物)は前日比1.4%高の1トン=2293ドルで終了。一時は2304ドルと、2018年6月以来の高値を付けた。LMEの他の全ての主要金属も値上がりし、銅は0.4%高となった。

©2021 Bloomberg L.P.