(ブルームバーグ):

米アトランタ連銀のボスティック総裁は12日、インフレ統計を巡り「少なくとも9月いっぱいまではボラティリティーの高まりが見込まれる」と述べ、物価動向の実態を示すシグナルを巡り「多くのノイズ(雑音)があるだろう」との見方を示した。

  ボスティック総裁は外交問題評議会(CFR)主催のバーチャル形式の質疑応答で発言したもので、今後4−5カ月経過した段階でサプライチェーンの混乱や商品相場など一連の状況がどうなっているか点検する必要があるだろうと語った。

市場に過度の「泡」ない、インフレ大きく変動へ−アトランタ連銀総裁

©2021 Bloomberg L.P.