(ブルームバーグ): 米大リーグ(MLB)のニューヨーク・ヤンキースは13日、選手とスタッフ計8人がワクチン接種を済ませているにもかかわらず、今週の新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。8人は隔離され、ニューヨーク州保健当局による調査が行われているという。

  発表文によると、陽性者の中には、オフシーズン中に既に罹患(りかん)していたグレイバー・トーレス内野手が含まれている。

  MLBとニューヨーク州保健局の助言に沿って、遠征先のフロリダ州タンパで陽性者全員に手順に従った隔離措置が取られている。

  同州の保健当局者は声明で、「複数の州民が最後のワクチン接種から14日以上後にコロナ検査で陽性反応を示した事例が報告されているが、保健局はブレークスルー感染(ワクチン接種後の感染)に関する米疾病対策センター(CDC)の正式な定義に当てはまるかどうかを判断するため、今回のヤンキースのケースを含むこうした事例をさらに調査している」と説明した。

©2021 Bloomberg L.P.