(ブルームバーグ): 米アルファベット傘下のグーグルは、初の直営小売店をニューヨーク市内にオープンする。同社が消費者向けハードウエアの販売強化に取り組んでいることを浮き彫りにする動きだ。

  同社ブログ投稿によると、グーグルストアはマンハッタンのチェルシー地区で17日に開店する。グーグルのオフィスが入るビルの1階が店舗スペースとなり、競合するアップルの14丁目ストアからは1ブロックしか離れていない。

  グーグルはスマートフォン「ピクセル」とスマートホーム機器「ネスト」を発売した2016年以降、期間限定の店舗を設けて消費者の関心を探ろうとしてきた。

  今回の店舗計画を統括したのは、デザインやユーザー体験を担当するバイスプレジデントのアイビー・ロス氏。商品が映えるよう、店内には薄い色の木製家具やコルク素材などを多く使ったと同氏は説明した。

©2021 Bloomberg L.P.