(ブルームバーグ): 著名投資家のウォーレン・バフェット氏は「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」の理事を辞任した。財団は設立者のビル・ゲイツ氏とメリンダ氏の離婚によって揺れている。

  バフェット氏(90)は23日の発表文で、「私の目標は財団と100%一致している」と強調した。保有するバークシャー・ハサウェイ株の慈善団体への寄付が半分完了したことも明らかにした。

  バフェット氏は過去15年で270億ドル(約3兆円)余りの私財をゲイツ財団に寄付した。ビル、メリンダ両氏と並んで財団の3人目の理事を務めていた。財団によると、バフェット氏は寄付金の投資先についての決定には関わっていない。

  ビル・ゲイツ氏とは古い友人であるバフェット氏は2006年に、資産の大きな部分をゲイツ財団に寄付することを決めていた。バークシャー株は全て慈善団体に寄付することを表明していたが、直近の41億ドルで半分を達成したことを明らかにした。

  「私のこうした発言を最後の言葉だとは思わないでほしい」として、「まだプレーを楽しんでいる。しかし私にとってゲームは延長戦に入っている」とコメントした。

©2021 Bloomberg L.P.