(ブルームバーグ): ヘッジファンド会社ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントは、主要ファンドの2つで新規資金の受け入れを停止した。昨年に記録的な好成績を上げ、資金が膨らんだことが理由だ。

  事情に詳しい関係者によると、旗艦ファンド「ブレバン・ハワード・マスター・ファンド」の運用資産は昨年の年始から2倍以上増えて70億ドル(約7800億円)余りに達し、リターンを維持するためブレバンとしては規模を抑えたい意向。「ブレバン・ハワード・アルファ・ストラテジーズ・マスター・ファンド」も同様の理由で新規資金の受け付けを停止したという。

  ブレバンは3年前までさえないリターンが続き、顧客資金の流出阻止に躍起になっていた。それが今や状況は一変した様子だ。運用資産の合計額は2013年の400億ドル超から一時は約60億ドルまで落ち込んだが、160億ドル前後まで盛り返したと、関係者の1人は述べた。

  ブレバンの広報担当者はコメントを控えた。

©2021 Bloomberg L.P.