(ブルームバーグ): 24日の米株式市場で米イーライリリー株が上昇し、日中ベースの最高値を更新した。米食品医薬品局(FDA)が同社のアルツハイマー治験薬「ドナネマブ」を画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)に指定したのが好感された。 

  同社はこの日、FDAの迅速承認制度に基づく生物製剤承認申請を年内に提出する予定だと明らかにした。イーライリリーの株価は一時、前日比10%高。

  アルツハイマー病の原因と考えられる有害タンパク質、アミロイドを標的にした治療薬の候補が画期的治療薬指定を受けるのは、ドナネマブが3例目。競合の米バイオジェンとエーザイが共同開発したアルツハイマー病治療薬では、アデュカヌマブ(製品名アデュヘルム)が今月初めにFDA承認を、レカネマブが23日にFDAの画期的治療薬指定をそれぞれ受けた。バイオジェン株は24日は下げている。

©2021 Bloomberg L.P.