(ブルームバーグ):

オーストラリアのシドニーでは、市中心部を含む4地区が少なくとも1週間のロックダウン(都市封鎖)に入る。感染力の強い新型コロナウイルス変異株であるデルタ株のさらなる広がりを抑制するための措置で、全住民のうち50万人余りが影響を受ける。

  ニューサウスウェールズ(NSW)州のベレジクリアン首相が25日に記者団に語ったところによれば、これら地区に通勤あるいは居住する人は、特定の不要不急の理由を除いて外出が禁じられる。シドニーでは新たに22人の感染が報告され、最近のクラスターとの関連では計65人に達した。

  米国内でワクチン接種のペースが鈍化する中、バイデン大統領はデルタ株がもたらすリスクについて警告し、国民に接種を促した。大統領は24日、訪問先のノースカロライナ州ローリーで、「この新しい危険な変異株が出現し続けている。今や米国で最もよく見られる変異株だ。ワクチン未接種の人は極めて感染リスクが高い」と発言。接種を先延ばしせず、すぐに受けるよう求めた。

米大統領、デルタ変異株のリスク警告−国民にワクチン接種促す

  米食品医薬品局(FDA)は24日、スイスのロシュ・ホールディングの「アクテムラ」(一般名トシリズマブ)について、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の一部の重症患者を対象に緊急使用許可(EUA)を付与したことを明らかにした。

ロシュ「アクテムラ」、FDAが一部コロナ重症患者への緊急使用許可

  インドでは今週、1日当たりのワクチン接種が800万回を超え、過去最多を更新したが、こうしたペースでも第3波を阻止するには不十分な可能性があると専門家は指摘する。今週の1日当たり接種回数は平均約460万回と、過去1カ月の300万回程度を上回ったが、持続できるかどうか専門家は疑問視している。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は1億7990万人を超え、死者数は390万人に近づいている。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計28億回を上回った。

  ミャンマーの保健・スポーツ省は24日、新型コロナウイルスの新規感染者が新たに787人報告されたと発表した。1日当たりの感染者数としては2月の軍事クーデター以降で最多。累計感染者数は15万714人となった。

ミャンマーのコロナ新規感染、クーデター後の最多更新−累計15万人超

  イスラエルはコロナワクチン接種が最も順調に進んだ国の一つだが、デルタ株に関連する感染の急増を受け、外国からの観光客の受け入れを延期。新規感染者は6月半ばに1桁台に減っていたが、今週は3日連続で100人を超えた。当局者は1週間平均が100人超となった場合、密閉空間でのマスク着用を再び義務付けることを決めたと明らかにした。

  イスラエルの新規感染者の大半はワクチン未接種の子供か外国からの帰国者だった。一部の感染者はファイザー・ビオンテック製のワクチン接種を終えていた。

  香港は英国からの入境者の隔離措置を強化する。香港政府が24日明らかにした。英国から香港を訪れる人は到着後、指定されたホテルで21日間の隔離が義務付けられる。28日から実施する。香港は英国のリスクレベルを「高い」から「極めて高い」に引き上げた。

  ルーマニアは6月30日が使用期限の英アストラゼネカ製コロナワクチン約3万5000回分の廃棄を余儀なくされる。接種を受けることへの住民の関心が薄いためだ。同国では人口の約25%が接種を受けたが、接種を受けようとする住民は日に日に減っている。

  イタリアの一部地域ではデルタ株が新規感染の4分の1を占めている可能性がある。コリエレ・デラ・セラ紙が24日、ナポリの先進バイオテクノロジー研究センター「CEINGE」のピエトロ・フォレスティエリ所長を引用して伝えたところによれば、一部の地域では全症例の最大25%がデルタ株関連。5月18日時点ではわずか1%だった。

  ドイツのブラウン首相府長官はARDテレビのインタビューで、同国では向こう数週間以内にデルタ株が主流になる見込みで、人々がワクチン接種を受ける重要性が高まっていると述べた。シュパーン保健相はドイツでは人口の3分の1余りが完全なワクチン接種を終え、少なくとも1回目の接種を受けた人は52%を超えるとツイートで明らかにした。

Israel’s Return to Normal Hits Bump With Virus Surge (1)(抜粋)

©2021 Bloomberg L.P.