(ブルームバーグ):

米アマゾン・ドット・コムは29日、7−9月(第3四半期)について勢いに欠ける売上高見通しを示し、同時に発表した4−6月(第2四半期)決算でも売上高がアナリスト予想に届かなかった。人々が従来の買い物慣行に戻る中、新型コロナウイルス禍での急成長が失速しつつあることが示唆された。株価は時間外取引で一時約7%下げた。

  発表資料によると、7−9月期の売上高は1060億ー1120億ドル(約11兆6000億ー12兆3000億円)、営業利益は25億ー60億ドルの見通し。ブルームバーグ集計データによると、アナリスト予想平均は売上高1187億ドル、利益81億1000万ドルだった。

  4−6月期の売上高は27%増の1131億ドルとなり、市場予想の1150億ドルを下回った。1株利益は15.12ドル。市場予想平均は12.28ドルだった。

  4−6月期に利益が予想を上回り、広告事業とクラウド部門アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が堅調な業績を示したことは市場で重視されなかった。その代わりに、同社事業の中心である電子商取引事業の勢い鈍化が注目されたと、グローバルXマネジメントのアナリスト、ペドロ・パランドラーニ氏は指摘。「投資家が主に着目したのは次の四半期の見通しが市場予想を大きく下回ったことだ」と述べた。

  AWSの売上高は4−6月期に37%増の148億ドルとなり、広告を中心とする「他の」売上高は87%増の79億2000万ドルに達し、ともにアナリスト予想を上回った。

  ブライアン・オルサフスキー最高財務責任者(CFO)は一部施設で荷物の取り扱い件数が2年前から倍増しており、新施設建設への投資を継続すると述べた。4−6月の営業経費総額は27%増の1054億ドルに達した。

  株価は時間外取引で一時3325.06ドルに下げた。通常取引終値は3599.92ドルだった。年初から29日終値までに約11%上昇していた。

  同社ではアンディ・ジャシー氏が7月5日、創業者ジェフ・ベゾス氏に代わり最高経営責任者(CEO)に就任。ベゾス氏は執行会長として同社に関与している。

アマゾンのベゾスCEO、執行会長に退く−後任はジャシー氏 (2)

(6段落目にCFOの発言を追加し、更新します)

©2021 Bloomberg L.P.