(ブルームバーグ): 東京都は31日、4058人(前日3300人)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。4000人を上回るのは初めて。 

  発表によると、感染者の直近7日間移動平均は2920.0人(同2501.4人)で前週比217.0%(同180.5%)となった。重症者数は95人(前日88人)。

  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は東京都と沖縄県に発令中の緊急事態宣言を8月末まで延長した。神奈川、千葉、埼玉の3県と大阪府を対象地域に追加した。

  菅義偉首相は30日夜の会見で、緊急事態宣言の出口戦略はワクチン接種状況に加え、重症者や病床利用率など医療体制への負荷に着目した分析に基づき判断するとし、「社会経済活動の制限の緩和に向けた道筋を示す」と話した。

©2021 Bloomberg L.P.