(ブルームバーグ): 英政府はフランスからの渡航者について、ワクチン接種完了を条件にイングランドへの入国時に10日間の隔離義務を免除する。制限を緩和し、他の大部分の欧州諸国からの渡航者と同じ扱いにする。

  インドとバーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)、カタールはリスクが最も高い「レッドリスト」からリスクが中程度の「アンバーリスト」に移行し、英政府認可ホテルでの隔離義務が解除される。

  またドイツを含む欧州6カ国をリスクの最も低い「グリーンリスト」に追加し、これらの国からの渡航者はワクチン接種を完了したかどうかにかわらず隔離義務がなくなる。全ての変更は英国時間8日午前4時(日本時間同正午)に発効する。

  フランスを新たに設けられた「アンバープラスリスト」から外すよう求める圧力が同国政府や航空・旅行業界から高まっていた。

  今回の制限緩和はブリティッシュ・エアウェイズやヴァージン・アトランティック航空、格安航空会社のイージージェット、UAEのエミレーツ航空、カタール航空など航空各社にとって追い風となる。

©2021 Bloomberg L.P.