(ブルームバーグ): 米食品医薬品局(FDA)に助言する諮問委員会は17日、ファイザー・ビオンテック製の新型コロナウイルスワクチンについて、16歳以上の全住民を対象とした3度目の接種承認を勧告しないことを決めた。一方で65歳以上と重症化リスクが高い人を対象に、より限定的な緊急使用許可(EUA)を付与することを全会一致で勧告した。

ファイザー製ブースター、65歳以上と高リスク者に限定−FDA委勧告

  米国では新型コロナウイルス感染症(COVID19)による1日当たりの死者(7日間移動平均)が16日は2203人と、2000人の大台を超えた。デルタ変異株による感染が収束しない中、この数は3カ月足らずで9倍近くに増えた。米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データで明らかになった。

  同データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億2700万人、死者数は467万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計58億5000万回を超えた。

  英国政府は、入国時の新型コロナ検査要件をワクチン接種済みの渡航者に対して緩和した。高リスクと指定されていない国・地域からワクチン接種済みの人が入国する場合、渡航前のコロナ検査は必要なくなる。出発国のリスクに合わせて色分けする制度も見直し、感染率が高い国・地域を「レッド(赤)リスト」で示すがそれ以外に対しては「措置を簡素化した」と、シャップス運輸相はツイートした。これら変更は10月4日付で施行される。

  ファイザー・ビオンテック製ワクチンのブースター接種の是非を検討している米ワクチン専門家グループに対し、イスラエルの研究者らは、そうした接種の効果がどれほど持続するかは不明だとの見方を示した。

  ニューヨーク市のレストラン「カーマインズ」で、テキサス州から訪れていた女3人が、ワクチン接種証明の提示を求めた女性従業員に暴力を振るった疑いで逮捕された。市警の報道官が明らかにした。

©2021 Bloomberg L.P.