(ブルームバーグ): 米ファイザーとドイツのビオンテックは20日、5−11歳を対象に実施した新型コロナウイルスワクチンの大規模臨床試験で、安全性が示されるとともに強い中和抗体反応を引き起こしたと発表した。向こう数カ月以内に小学生の接種開始に道を開く可能性がある。

  今回の発表はコロナワクチンの低年齢の小児に対する効果を示す結果の一つ。米国ではデルタ変異株が感染再拡大を招く中で新学期が始まり、子供の接種を求める声が強まっている。

  両社の発表資料によると、試験では2268人の5−11歳に大人向けの3分の1である10マイクログラムの用量で接種を2回行った。その結果、大人と同じ用量の接種を受けた16−25歳の試験と同様の抗体水準が見られた。副反応も同様だったという。

  ファイザーの広報担当によると、同社とビオンテックは今月中にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可(EUA)を申請する計画で、今回のデータも提出する。欧州当局にもデータを提出する計画だとした。

  ファイザーのワクチンは米国で既に16歳以上を対象に正式承認されており、12−15歳には緊急使用が認められている。

  20日の取引でファイザーの株価は一時1.7%上昇した。ビオンテックの米上場株は一時7.2%安となった。

  5−11歳のデータは同試験の最初の部分からのもので、ファイザーの広報担当の電子メールによると、両社は米当局の要請に応じ、さらに5−11歳の子供2250人を試験に追加する計画を提出した。

©2021 Bloomberg L.P.