(ブルームバーグ): バイデン米大統領は24日、ホワイトハウスで記者団に対し、ビリオネアの投資の含み益に毎年課税する提案を支持することを明らかにした。   同案はワイデン上院財政委員長が主張しており、同委員長は大統領が求める3兆5000億ドル(約388兆円)規模の支出計画で上院の税制上の提案を取りまとめている。   バイデン氏は「提案は相応の支払いを行うことに関するものだと思う」と語った。   同提案は下院の税制案には盛り込まれていないが、民主党の「選択肢のメニュー」に入っている。また同案は、超富裕層の純資産に税金を課すウォーレン上院議員の超富裕税という提案を事実上縮小させた内容といえる。

©2021 Bloomberg L.P.